Staff Comment

→タイトル一覧へ
本ページに記載の見解または主張は、各発言者個人が日頃思っていることを話題として述べたものであり、必ずしも弊社や他の者の見解または主張を表したものではありません。

2007年

→公序良俗 2007年12月25日

→余計なお世話? 2007年12月07日

→自動化の進展 2007年11月12日

→消え行く公衆電話 2007年10月29日

→視線は仮想世界 2007年10月09日

→パソコン買い替え顛末記 2007年09月10日

→それでも世の中、まわってる 2007年08月27日

→タイミング 2007年08月10日

→健康のことを考える 2007年07月30日

→電子データ化 2007年07月13日

→CGと映画 2007年06月22日

→調べものの意義 2007年06月11日

→子供と携帯 2007年05月18日

→最近流行のICカード 2007年05月18日

→メディアとバックアップ 2007年04月23日

→おもちゃパソコン 2007年4月20日

サービスって何ですか? 2007年3月26日

状況が違えば、答えも変わるでしょうが、わたしは「リピートを促す1つの要素」と思います。

たとえば、「食事に行く」とします。どこに食べに行こうか…。
リサーチして、じゃあ、ここに行こう、と決めました。

お食事タイム…(中略)…終了。

味がイマイチだったら? もちろん、リピートしません。
「食べる」ことを目的に来店しているのだから、おいしいものが提供されるのは「当然」のことなのです。

では、おいしかったとします。
それならば、100%確実にリピートするか?
そう、とも言い切れないと思います。

値段が内容に見合っているか、アクセスはどうか、店の雰囲気はどうか、などなど。
一生かかっても行ききれない(であろう)数の店があり、できるだけ多く違うものを試したい、となると、相当、よかった!!!と思わない限り、もう一度いくことはありません。

クリアの難しい最大のポイントは、サービス、接客です。
不必要に待たされるとダメ。
仮に待たされたとしても、「お待たせして、すみません」の一言があればともかく、それさえないと、ダメダメ。
「普通」くらいの満足では、次は違うところに行ってみようかな…となるのですから。

サービスがいい、すごいなぁと思わせるようなお店は、たいてい、味も、雰囲気もよい気がします。
単なる栄養補給のための食事でなければ、楽しい時間が過ごせたかどうかが重要なのだと思います。

他の人によかった、と思ってもらうサービスは、自分がサービスされる側になっていろいろ経験し、検討して、編み出していくものでないかと考えます。
それでも、人の感じ方はさまざまで、そのやり方にあった人が残る、リピートするのではないかなぁと。
マーケティングで顧客満足、云々と言いますが、自分が満足したことがなければ、人に満足してもらうことはできないだろうなと思います、…たぶん。

作成者 : mn →タイトル一覧へ

→美しいプログラム、PHP。 2007年3月26日

→3000年問題 2007年02月26日

→ICカードと未来 2007年2月22日

→インターネットと家電 2007年1月27日