Staff Comment

→タイトル一覧へ
本ページに記載の見解または主張は、各発言者個人が日頃思っていることを話題として述べたものであり、必ずしも弊社や他の者の見解または主張を表したものではありません。

2007年

公序良俗 2007年12月25日

「すいません、ここでは携帯電話の使用禁止ですよ!」

通勤時の電車内で、その声は響いた。
声の主は私の斜め前に立っていた年配の男性だった。
「あっ…、はい……。」
注意された男性はちょっと納得の行かぬ顔で、申し訳なさそうにポケットに携帯電話をしまいこんだ。

「電車内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。また、優先席付近では電源をお切りください」
車中に流れるアナウンス。

年配の男性の声がするまで電車内での話し声は聞こえなかった。
男性は通話をしていたのではなく、メールかゲームをしていたのだろう。
だが年配の男性は、あくまでも「携帯電話の使用」を注意したのだ。
注意された男性は、たまたまだろうが優先席付近にいた。
これは確かに「マナー違反」である。

最近になり電車内で通話をしている人はかなり減少しているが、その反面、携帯電話を操作(メール、ゲーム等)している人は増加している。
現在は通話からメールに移行しているからだ。
確かにメール、ゲーム等は通話に比べ、他人に迷惑(耳障り等)をかけることは殆どない。
「電車内での通話問題」はメールにより、少しずつ沈静化されてきている。
またこれを「マナー」ととるか、「マナー違反」ととるかは本人の自覚次第。
実際自分も電車内で、もちろん優先席から離れた場所でメールすることがある。

携帯電話以外でも「電車内マナーの問題」はまだまだある。
以下の事項も社会問題として過去幾度となく取り上げられているが、結局解決はしていないのが現状。
・電車で飲食 ・電車での化粧
・ヘッドホンステレオの音漏れ
・満員電車でのベビーカー乗り入れ

これらは他人とのトラブルになりやすく、実際に注意した人が暴行を受けるという事件も多々起こっている。
まさしく「日本人のモラル崩壊(日本人の野生化?)」の時代なのだ。
もう早期解決の為、女性専用車両があるように、飲食、音楽等の専用車両(化粧は女性専用車両で)ができた方が良いのでは?
などと不謹慎だが思ってしまう。
過去の喫煙問題として、昔は駅構内・ホーム(含む地下鉄)のいたるところで喫煙可能だったが、今では一部を除き全て禁煙となっている。
ひとりひとりが秩序を保てば上記問題も解決できるはずだ。

社会はひとりひとりの秩序が「住みよい文化、環境」を生み出していくもの。
文明が発達し続ける限り、新たな社会問題が発生するだろう。
あまりのスピードで進む文明に対し、人も進化・対応し続けなければなければならないのだ。
キレイ事かもしれないが、後世に「日本で生まれて、日本で育って、よかった」と伝えるためにも。

追記:
最近、ダンスパーティー会場(?)で、通話しながら踊る女性のCMを見た。
その携帯電話会社のカタログには「通話は場所をわきまえて」との記載が…。

作成者 : 冬だけど、Natsu →タイトル一覧へ

→余計なお世話? 2007年12月07日

→自動化の進展 2007年11月12日

→消え行く公衆電話 2007年10月29日

→視線は仮想世界 2007年10月09日

→パソコン買い替え顛末記 2007年09月10日

→それでも世の中、まわってる 2007年08月27日

→タイミング 2007年08月10日

→健康のことを考える 2007年07月30日

→電子データ化 2007年07月13日

→CGと映画 2007年06月22日

→調べものの意義 2007年06月11日

→子供と携帯 2007年05月18日

→最近流行のICカード 2007年05月18日

→メディアとバックアップ 2007年04月23日

→おもちゃパソコン 2007年4月20日

→サービスって何ですか? 2007年3月26日

→美しいプログラム、PHP。 2007年3月26日

→3000年問題 2007年02月26日

→ICカードと未来 2007年2月22日

→インターネットと家電 2007年1月27日